下北沢で歯医者をお探しなら、
下北沢みなと歯科へ

小児歯科

お子様の歯の治療の大切さ

お子様の歯の治療の大切さ

お子さまの成長発育にあわせた虫歯治療や予防、そして歯並びや噛み合わせの治療を通して健康な歯の成長をサポートするのが小児歯科治療です。

お子さまの歯や顎は身体とともに日々成長、変化しており、大人になってからの口腔内環境にまで大きく影響する大切な時期となります。 特に2才半までに、より良い口腔内環境であることが重要ですので、早い段階から定期的に歯科健診を受けることが大切です。

乳歯の大切さについて

「乳歯は虫歯になってもいずれ抜けるから大丈夫」ではありません。
乳歯が虫歯になっている口腔内は、虫歯菌でいっぱいです。
そこにさら生えてくる永久歯は、もちろん虫歯菌に感染してしまいます。
ですので、大人になってからも「虫歯になりやすい体質」になります。
さらには、虫歯が進行して乳歯を抜いたりしてしまうと、永久歯の歯並びが悪くなる可能性が高くなります。
また、歯並びが悪いということは、歯磨きがしづらく、将来的に虫歯や歯周病になるリスクも高くなってしまいます。

乳歯を虫歯にさせないために

自分でお口の健康管理ができない時期だからこそ、周囲の大人がきちんと見守ってあげることが大切です。
お子さまが生涯虫歯で困ることのないよう、小さな頃からしっかりと健康なお口の環境を育成していきましょう。

大切なお子様の歯を守るために
できること

子どもの歯は大人になったときの歯並びに大きく影響します。顎の骨の成長をコントロールすることによって、大人になってから外科手術をせずに綺麗な歯並びになる可能性が高まります。また、子どもの時から歯の大切さを学ぶことによって、大人になっても歯を大切にする習慣が身につくでしょう。
当院では虫歯だけでなく、予防処置・歯並びもしっかりと診てまいります。

痛くない治療を心がけています

小児歯科ではお子様になるべく痛い思いをさせないことが重要と考えています。お子様が歯の治療で痛い経験をすると「歯医者嫌い」になってしまい、大人になってからも、歯や口に問題が起きたときに重症化するまで放置するようになってしまいがちだからです。
痛みの少ない優しい治療に努めていますので、安心してご相談ください。

小児の予防歯科

小児の予防歯科

虫歯になりにくい歯を
作っていくために
当クリニックでは
次のような方法を用いています。

シーラント

生え変わったばかりの永久歯は、歯の溝が深く、汚れを落としきれずに虫歯になりやすい状態です。
シーラントとは、歯の溝をフッ素(虫歯予防効果がある物質)の樹脂で埋めて、汚れが溜まらないようにする方法です。
乳歯から永久歯に生え変わる「6歳前後」のタイミングで治療すると効果的です。

フッ素による歯の強化

子供のころは、歯の表面を覆っている「エナメル質」がやわらかく、虫歯になりやすいのが特徴です。
歯質を強化する効果を持った高濃度のフッ素を歯の表面に塗布し、「虫歯になりにくい歯」にしていきます。
およそ3、4ヵ月に1度、定期的に何度も繰り返しフッ素塗布をすることによって効果が高まり、大人になってからも「虫歯になりづらい歯」を保つことが出来ます。
また、歯科医院でのフッ素による歯質強化は「フッ素塗布法」と「フッ素トレー法」の2つの方法があります。

「フッ素塗布法」は綿球などで歯に塗る方法です。
出来るだけ歯を乾燥させた状態で行い、数分間お口を閉じずに放置することで効果が高まります。
ですが、お口の中で唾液と混じらないように乾燥させフッ素を塗る事にも限界があります。
唾液が混じることで効果が減少してしまうのです。

そこで当院では「フッ素塗布(トレー法)」を行っております。
綿球での塗布とは違い、マウスピースのようなものにフッ素を入れ、そのまま乾燥させた歯に覆い被せます。
約3分そのままお口の中で維持することで、唾液と混ざることを防ぎ、数分間しっかりとフッ素の成分を歯に浸透させることが出来ます。
フッ素トレー法が最大限にフッ素の効果を発揮させることが出来る方法です。

通常、診療費用の別にフッ素代として別途頂いている医院が多いようですが当院では現在無料にて行っております。

皆さんのお子様も定期的にクリーニングとフッ素による予防をし、大人になっても虫歯がなく綺麗で悩みのない歯にしてあげませんか?

フッ素洗口(フッ素うがい)

フッ素塗布と合わせ、ご自宅で簡単に行なえる虫歯予防の方法です。 1日1回、低濃度のフッ素洗口をすることで、歯の再石灰化(初期虫歯の自然治癒)を促します。
お子さまがブクブク洗口できる年齢(4歳程度)になりましたら、使用することをおすすめしています。

定期検診

初めて歯科医院に行ったきっかけが虫歯の治療だったとしたら、歯科医院は「怖い」「痛い」というマイナスイメージになり、大人になってからも、歯科医院へ行く事への抵抗が残ってしまいます。
まずは「歯科医院に通う事」を習慣づけていくこと(慣れていくこと)が非常に大切です。

虫歯の治療はもちろんですが、小さい頃から定期的に健診や虫歯予防の処置を受けることで、歯を大切にする意識も高まります。
また、万が一、「歯が折れた」などで治療が必要な場合も、
歯科医院の雰囲気、診察台、治療器具などに慣れておけばスムーズに治療に臨むことができるでしょう。

虫歯・歯周病になりにくい、健康な歯への第一歩を踏み出すお手伝いができるよう、
お子さまが当クリニックに来るのが楽しみになる対応を心がけ、スタッフ全員でお待ちしています。