コラム一覧

シーラントとは!?

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

 

みなさんは【シーラント】を知っていますか?

お子さんがいる方は聞いたことがある方もいるかと思います。

今回はシーラントについてのお話です。

 

【シーラントとは?】

シーラントとは、お子さんののむし歯予防の一つです!

奥歯の噛む面には深く細い溝がたくさんあり、歯ブラシが届きにくい為、磨き残しをしやすく、むし歯になりやすくなってしまいます。

その、むし歯になりやすい溝を予めレジンなどのプラスチック樹脂で埋めてしまうのがシーラントです。

シーラントにはフッ素が含まれているので、歯を強くする働きも期待できるのです。

 

 

【シーラントはいつ行えばいいの?】

お子さまのお口の環境によってシーラントの必要性は異なってきますが、シーラントを行う時期には、乳歯から永久歯への生え変わりのタイミングも関係してきます。

  • 乳歯の奥歯が生えてくる時期

→3〜4歳頃

 

  • 永久歯の奥歯(6歳臼歯)が生えてくる時期

→5〜6歳頃

 

  • 永久歯の奥歯(12歳臼歯)が生えてくる時期

→12歳頃

 

以上がシーラントを行う年齢の目安になります(^^)

生え変わったばかりの永久歯は

  • 歯質が弱い
  • 奥歯の溝が深くて細かい複雑な形をしている
  • 成長途中で背丈が低い

など、成人の歯と比べ、歯ブラシが届きにくく、汚れを落としにくいため、むし歯になりやすくなっています。

 

【シーラントのメリット・デメリット】

ここまでシーラントについてお話してきましたが、シーラントによるメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

《メリット》

  • 歯を削ることなく行える

むし歯が悪化してしまうと、歯を削る治療になってしまうことが多いです。

  • むし歯予防に繋がる

汚れのたまりやすい溝の部分へ細菌が侵入するのを防ぎ、歯磨きがしやすくなる為、むし歯の予防に繋がります。

  • 保険が適用される

 

《デメリット》

  • 定期的な検診が必要

シーラントをした部分の歯の表面は見えにくく、むし歯になってしまうと発見が遅くなってしまうこともあるので検診がとても大切です。

  • 取れてしまうことがある

シーラントは永久的なものではありません。

歯を削って詰め物をするわけではないので、むし歯治療後の詰め物よりも、取れやすい場合があります。

 

シーラントはむし歯予防のために行うものですが、「シーラントをしたからもうむし歯にならない」というのは間違いです。

普段からしっかり歯磨きをして清潔にしておかないとむし歯になってしまいます。

歯は一生物ですから、自分の歯をしっかり守っていきましょう٩(^‿^)۶

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』
〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階
【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分
#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

なぜ歯石はつくのか?

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

毎日丁寧に歯磨きをしているのに、検診に行くと歯石がついていることを指摘された経験はありませんか?

今日はどうして歯石がつくのかをお話します♪

 

歯磨きしていても歯石がつくのはなぜ?

 

歯石とは歯垢が硬くなったものです。

歯みがきで磨き残した汚れが、唾液の中のミネラルと結合して、硬くなって出来ていきます。

歯についた歯垢は、個人差はありますが、約2日間で歯石になります。

忙しい時など、毎日100%完璧に歯磨きをするのは難しいと思いますので、歯石を全くつかないようにするのは難しいかもしれません。

また唾液の分泌が多いほど、歯垢が歯石になりやすいです!

いきなり大きな歯石ができるわけではなく、歯垢が再石灰化して少しずつこびりついていくことで歯石がどんどん増えていくのです。

唾液の出口に近くて唾液の分泌が多い、下の前歯の裏に多く歯石ができます。

 

歯石がつきやすい人、つきにくい人の違いは何なのでしょうか??

体質や生活習慣などで、歯垢がつきやすい人とつきにくい人は分かれます。

 

体質面で歯垢がつきやすい人は

①唾液の量が多い

②唾液がアルカリ性に近い

③唾液の質がさらさらしている

といった特徴があります。

 

歯垢の再石灰化をうながす唾液に含まれるミネラル成分は、アルカリ性に近い唾液の方がより多く含まれます。

唾液がアルカリ性に近ければ近いほど歯垢が再石灰化しやすい環境であるといえます!

また、ねばねばと粘着性がある唾液よりもさらさらと粘着力の弱い唾液の方が、歯垢が再石灰化しやすいといわれています。

一方で、アルカリ性により近い唾液は、口内の細菌が繁殖しやすい酸をアルカリ性で中和したり、酸で溶けてしまった歯を修復する作用もあるため、アルカリ性に近い唾液を持つ人は虫歯になりにくいともいわれ、利点でもあります。

反対に、歯垢がつきにくい体質の人は唾液が酸性よりになっていることがありますが、虫歯には注意した方がよいでしょう。

 

 

歯石がたまりやすいタイプの人というのは、ずっと歯が丈夫だと思っていて、

歯医者にも行ったことがない場合も多く見られ、気が付いたら歯石がたまりまくって

歯周病が重症になってしまっていた、という場合も珍しくありません。

もちろん歯石が付きやすくても全然歯周病も虫歯がないケースもあります!

 

生活習慣面で歯垢がつきやすい方は

①甘いものをよく食べる

②柔らかいネバネバする食べ物ばかり食べている

③ずっと何かをダラダラ口にしていたり、間食が多い

④食後歯を磨くが、歯ブラシしかつかっていない

 

皆さんは、あてはまるものはありませんか?

これらは歯垢がつきやすくなる生活習慣です。

甘いものは糖分がとても多く含まれていて、お口の中の細菌たちの栄養となります。

甘いものばかり食べていると、それだけで口内細菌をどんどん繁殖させてしまいます。

また、柔らかい食べ物は粘り気があることが多いので、歯や歯ぐきのすき間などにぴったりとくっついてしまいます。

歯ブラシで磨きにくい部分についてしまうと、なかなか綺麗に取れません。さらに、間食が多いと、常に食べものが口の中にあることになり、こちらも口内細菌の繁殖や歯垢を増やす原因になります。

唾液も出るので、歯垢が再石灰化しやすい環境にもなります。

そしてなにより肝心なのが、歯磨きの仕方です!!

毎食後歯を磨いていても、歯ブラシの毛先がしっかりと歯と歯茎の境目に当たっていないと歯垢は取れず、どんどん溜まっていきます。

歯と歯の間はブラシが届かないので、デンタルフロスを使いましょう。

また、40代以降になると歯茎が痩せてしまい、歯と歯の間に隙間ができてしまいます。

そういった部分は歯間ブラシを使う ようにしましょう。

歯磨きは回数が多ければよいというものではなく、どれだけ磨き残しをなくすかが大切です。

毎食後にフロスや歯間ブラシを使うのは大変だと思います。

しかし1日に1回は(就寝前が効果的!)フロスや歯間ブラシも使ってしっかり歯磨きをするようにしましょう。

ただ、それでも歯石は数ヶ月たつとついてしまうものではあるので、定期歯科検診で3ヶ月に1度はクリーニングすることをおすすめしております!!(^^)

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』

〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階

【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分

#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

 

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

感染対策について

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

地域の皆様に支えていただき、本日で開院から三年目になりました。

多くの患者さんにご来院いただいている当院ですが、感染対策について気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は当院での感染対策である滅菌方法についてご説明します。

当院では、患者さんに安心して通院して頂けるよう、滅菌にもこだわっています!
治療で使用した器具やハンドピースには、唾液や血液などの汚れとともに細菌が付着しています。表面的な汚れであれば水洗いで落ちますが、細菌やハンドピース内部の汚れを完全に除菌することはできません。

院内感染を防ぐには、いかに完全滅菌できるかが重要なのです!

当院ではクラスB滅菌器やハンドピース洗浄器を導入し、滅菌対策を徹底しています。

治療における感染予防を考える際、人間の体の中や血管の中は無菌状態であると考えます。

よって、このような「無菌」の部位に入っていくような器具や器材は「無菌」でなければいけなく、全ての微生物を死滅させる「滅菌」が必要になってきます。
一般的に歯科における滅菌は、オートクレーブと呼ばれる滅菌器を使っています。

130℃以上の高温の蒸気を作り出し、器具や器材に付着した微生物はこの高温の蒸気にさらされることで、自身を構成しているたんぱく質が変性を起こし死滅します。

つまり、この蒸気が当たっていない箇所があれば、そこにいる微生物は死滅していないということになります。

日本や海外では、このような事が無いように、いくつかの滅菌器の規格がありますが、その中でもヨーロッパの規格は最も厳格と言われています。
当院で導入している滅菌器は、このヨーロッパの規格の中でも最高基準の「クラスB」に位置しており、器具や器材の隅々まで蒸気がいきわたる工夫に優れているため、確実な滅菌効果を得ることができます。
ランニングコストがかかる事が欠点ですが、みなさんに安心して治療を受けて頂けるよう開業当初より導入しております。

クラスBオートクレーブとは - 港南台 みなと歯科

様々な感染予防対策

紙コップやエプロンなどはディスポーサブル(使い捨て)のものを使用し、患者さんごとに使う器具は滅菌パックにいれて滅菌しています。
もちろん、歯を削る機械も一回一回使う度に滅菌パックに入れて滅菌しております。

これからも皆様に安心して治療を受けていただけるよう、感染予防にも力を入れていきたいと考えています!

3年目を迎えた下北沢みなと歯科をこれからもよろしくお願いいたします。

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』
〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階
【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分
#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

 

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

歯ぐきが黒くなる原因

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

 

鏡でお口の中を見た時、歯に注目してしまいじっくりと歯ぐきまで見る機会はあまりないかもしれません。
しかし、よーく歯ぐきを見てみると、意外と黒ずんでいるところはありませんか?

歯ぐきが黒くなってくる原因はいくつかあります。

○歯周病○
お口の中の環境が悪く、歯周病になった場合歯ぐきが変色してしまいます。
歯周病によっておこる変色には大きく分けると2種類あります。

*歯ぐきそのものが黒く変色する
この状態では変色している場所に炎症が起きている可能性が高いです。
最初は赤くなり、その赤みが強くなっていき赤紫っぽくなり、そのまま進行すると黒っぽくなる。
こういった変色の仕方をしているのであれば歯周病かもしれません。

*歯とかぶせ物の間に汚れや歯周病菌が溜まり変色する
かぶせ物をしていると、どうしても汚れが溜まってしまい黒っぽく見えることがあります。
その汚れが歯周病菌を繁殖させ、歯ぐきが炎症をおこし変色している場合も。

○歯の根が変色している○
歯の根が変色すると歯ぐきが黒く見えてしまうことがあります。
変色する理由はいくつかあります。
*神経治療で歯髄の細胞が死んだため変色した
*歯髄に血液中の鉄分が染みついて変色した
たとえばこういった理由があります。
歯の根に染みついた色を完全に除去するのは難しいです。しかし、色の除去は難しくても現在入っているかぶせ物を変えて、変色している部分が見えないようにするといった対処法があります。
歯の神経治療をし、かぶせ物をしている方はどうしても変色してしまいがちです。

○喫煙による色素沈着○
歯ぐきがピンク色なのは、歯ぐきの中の毛細血管が透けて見えているからです。
タバコを吸うとニコチンの影響で毛細血管が収縮し、歯ぐきに酸素や栄養が行きわたりにくくなるため、血管内を流れる血液の量が少なくなってしまい歯ぐきが黒ずんで見えてしまうのです。

○銀歯などが溶けだしたことによりおこるメタルタトゥー○
メタルタトゥーとは歯科治療に使った金属イオンが経年劣化により溶けだしてくることで、歯ぐきが斑点状もしくは帯状に黒く変色してしまった状態です。
過去に歯科治療で金属を使ったかせ物や詰め物をしている場合はこれにより歯ぐきの変色がおこっている場合もあります。
歯ぐきの黒ずみがメタルタトゥーだった場合は金属の除去が必要になってくることも。

歯ぐきの色の変色をそのままにしておくと歯や歯ぐきの異常を見逃してしまう可能性があります。
気になる方はお気軽にご相談ください(∩´∀`)∩

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』

〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階

【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分

#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

 

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

歯並びについて

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

 

新年度が始まり、お子様の歯並びが気になる親御さんもいるのではないでしょうか。
乱れた歯並びは見た目が気になるばかりでなく、むし歯などのお口のトラブルに繋がりやすいため注意が必要です。

さて、なぜ歯並びは悪くなってしまうのでしょうか。
これにはいくつか原因があります。

『歯並びは遺伝する』こういった事を聞いたことがある方もいるかもしれません。
しかし、遺伝が持つ影響は2~5%といわれていて、生まれつきよりも生まれてからの要因の方が大きいです。
ただし両親の持つ骨格や筋肉は遺伝するため、親と同じような癖を持つことで歯並びが似てくる可能性はあります。
親の歯並びではなく、“育った環境・食生活の内容・どんな癖があるか”によって歯並びは変わっていきます。

昔と比べ現代では食生活が変化し、固いものを避け柔らかいものが多くなってきています。
固いものを食べずに柔らかいものばかり食べていると上下の顎の筋肉が十分に発達しないため、顎の成長が小さくなります。
顎が小さいと歯の生えそろうスペースが確保できず、歯が重なり合うように生えてきてしまい歯並びが悪くなってしまいます。

歯並びを悪くする癖
①爪を噛む
②指しゃぶり
③頬杖をつく
④唇を噛む
⑤うつぶせで寝る
⑥舌で歯を押す
⑦口呼吸
こういった癖があると歯並びに悪影響が出てくることがあるため、幼児期から注意してみてください。

乳歯がむし歯になると永久歯はそこを避けて生えようとします。
こうなった場合、本来の位置より外側や内側に永久歯が生えてくることがあるため歯並びに影響が出ます。
乳歯はいずれ生え変わるからむし歯になってもたいしたことがないと思わずにしっかり治療を受けましょう!

歯並びが悪いといっても様々な歯並びの状態があります。

受け口・下顎前突(かがくぜんとつ)
かみ合わせた時に下の前歯が上の前歯より前方に突き出ている状態

出っ歯・上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の前歯が前方に傾いて前に突き出している状態

開口・オープンバイト
奥歯をかみ合わせても、前歯がかみ合わずに上下の前歯に空間が出来ている状態

叢生(そうせい)
八重歯や、歯が重なり合ったりねじれて生えている状態

すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)
歯の間に隙間がある状態

過蓋咬合(かがいこうごう)
上の前歯が下の前歯に深くかぶっている状態

 

当院では月に2回、矯正の専門医が来ています。

相談は無料なので気になる歯並びがありましたらお気軽にご相談ください(∩´∀`)∩

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』

〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階

【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分

#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

 

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

歯ブラシの選び方・交換時期

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

今回は歯ブラシの交換時期と歯ブラシの選び方についてお話しします(^^)

みなさんは歯ブラシをどのくらいの頻度で変えていますか??また、歯ブラシを選ぶ際、どれがいいか悩みませんか?

そういった疑問が少しでも解消されると嬉しいです♪

 

 

歯ブラシの交換時期は?

使い方などによって差はありますが、

交換する目安として正しいのは、1~1.5ヶ月と言われています!

 

毛先が広がってきたら交換のタイミングなのは、多くの方が目安にしていると思います。歯ブラシを定期的に交換する理由は毛先の広がり以外にもいくつかあります!!

 

 

①歯ブラシ特有の毛先の弾力が失われてきて、歯茎を傷つけやすくなってしまう。

 

②歯ブラシの毛が抜けて、毛数が減ってきたり毛先が折れてしまうことで、汚れが落としにくくなる。

 

③毎日の歯磨きで、たくさんの汚れや菌が付着している。

 

このようなことから1ヶ月〜1ヶ月半での歯ブラシの交換をおすすめします!

 

 

 

 

自分にあった歯ブラシの選び方

次は歯ブラシの選び方についてお話します(^^)

 

①毛のかたさ

毛のかたさは、一般的に「やわらかめ」「ふつう(レギュラー)」「かため」の3種類あります。

歯ぐきが健康な方は、「ふつう(レギュラー)」がおすすめです!歯垢を落とす力は「かため」が一番強いですが、どうしてもかたい歯ブラシでは歯茎を傷つけてしまうため、歯ぐきが下がる恐れがあります。知覚過敏の原因にもなるので、できれば「かため」は避けましょう。

歯ぐきが腫れていたり、歯ぐきからの出血がある方は、歯ぐきへの刺激が少ない「やわらかめ」がおすすめです。ただし、毛がやわらかくしなりやすいので歯垢を落とす力は弱めです。歯垢が落ちるよう時間をかけて丁寧に磨きましょう。そして、歯茎の症状が良くなったら「ふつう(レギュラー)」に変えましょう。

 

②ヘッドの大きさ

ヘッドの大きさは、「自分の上の前歯2本分」位の大きさか、やや小さめがおすすめです。大きすぎると奥歯や細かい部分に毛先が入っていかない為、磨き残しの原因になります。

 

③柄のかたち

柄(持ち手)のかたちには、真っすぐなものや少しカーブしているもの、グリップがついているものなどメーカーによってさまざまです。

どのかたちが優れているということはなく、手にフィットしていて余計な力がかからないものがあなたに合っている歯ブラシです。

迷ってしまう方はシンプルな真っすぐタイプから使ってみて、持ちにくい場合は、次は少しカーブしているものを使ってみて下さい。

 

 

どんな歯ブラシが合っているか分からない場合は、ぜひ歯科医師または歯科衛生士に気軽にお声かけください!患者様のお口に合った歯ブラシをご提案します♪

 

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』

〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階

【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分

#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

 

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

銀歯が外れたらどうしたらいい?

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。
詰め物・被せ物・銀歯が外れた場合どうしたら良い?
今回は詰め物・銀歯が外れてしまった時のお話をさせていただきます!
まず、詰め物・被せ物が外れる理由と治療法について
①月日の経過により接着剤が劣化して弱くなり外れてしまうことがあります。外れてもむし歯になっていなくて、詰め物・被せ物に問題が無く、ピッタリと合う場合はまたつけ直すことができます。
②詰め物・被せ物の隙間からむし歯になって中で広がってしまうケースがあります。中がむし歯になったことが原因で外れた場合は再治療が必要になります。むし歯になった部分を削り、詰め物・被せ物を新しく作り直します。
麻酔が必要だったり場合によっては神経をとって根管治療から行うこともあります。
③歯ぎしりや食いしばり、噛み合わせが原因で外れたり欠けたりすることがあります。基本的には作り直しますが場合によっては全体的に治療が必要だったり噛み合わせを調整していく必要があります。治療後にご自身の歯や詰め物・被せ物を守るためにマウスピースを装着した方が良い場合もあります。
④詰め物・被せ物が劣化して外れることがあります。再度新しく作り直していきます。
[できるだけ早めの受診をおすすめしております。]
症状の有無に関わらず、出来るだけ早期に歯科医院に受診しましょう。放置しすぎると、噛み合わせの問題から周囲の歯のトラブルを引き起こしたり、外れた歯の治療がさらに必要になる場合があります。
下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』
〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階
【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分
#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

喫煙のリスク🚬

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

喫煙は歯周病のリスクを高めます!

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。
喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、肺を通して体内に入り込むことによって体の抵抗力や免疫力が低下し、歯周病が進行し、治りにくくなってしまうのです。
歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすく、ひどくなりやすいので、更に治療しても治りにくいことが解っています。
ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなると言われています。
禁煙の効果
では、禁煙をするとどのような良いことがお口の中で起こるのでしょうか。禁煙をすると数週間で、歯ぐきなどの組織は本来の免疫反応が回復し、歯周病の治療をすることで1年後には歯ぐきは本来の健康な状態に戻ると言われています。歯ぐきの黒ずんだ色も、時間はかかりますが少しずつ元の綺麗なピンク色に戻ります。他にも、呼吸が楽になる、咳や痰が出なくなる、味覚が正常になり食事が美味しくなる、口の中が爽やかになり口臭が少なくなる、家族や周りの人が喜んでくれる、など、禁煙をすることで様々な良いことが起きます。ただ、禁煙はそんなに簡単ではないことも事実です。なぜならタバコの主成分であるニコチンには、強力な精神依存作用があり、依存症のような状態になってしまうからです。禁煙をするにあたって、なぜ禁煙をするのか目標を明確にして、環境を整え、周りのサポートを受けながらスタートしましょう!タバコを吸いたい気持ちを発散させる方法も考えておき、時には専門家のサポートを受けるのも良いでしょう。禁煙することはお口の健康だけでなく、全身の健康にとっても大きな効果をもたらしてくれます。歯周病だけではなく、他の合併症と呼ばれる大きな病気を防ぐことにも繋がり、周りの人への健康被害も防ぐことができますので、是非禁煙にチャレンジしましょう☆
下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』
〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階
【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分
#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

妊娠中の口の中

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

 

妊娠すると体の変化だけでなく、お口の中にも様々な変化が出てくることをご存じでしょうか?
これには妊娠中のホルモンバランスが大きく関係しているんです!
妊婦さんの約80%はつわりを経験するといわれているため、つわりがひどくて歯磨きがあまり出来なかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は妊娠中に起こる様々な口内トラブルの効果的な対策についてお話しします(^^♪

妊娠期は体や生活に変化が出てくるため、歯や口に影響が出てきます。

●食べる回数の変化●
赤ちゃんが成長し、お腹が大きくなると胃が圧迫されるため1回に食べられる量が減るため、何回も食事をとるようになるお母さんも。
食事の回数が増えるとむし歯が出来やすい環境になります。

●女性ホルモンの増加●
妊娠中は女性ホルモンの増加により、口の中で歯周病原因菌が繁殖しやすくなります。

●唾液量の現象●
ホルモンバランスの影響で唾液の量が少なくなります。
唾液には口の中を浄化する作用があるため、唾液の量が減ってしまうと口の中を綺麗にするチカラが弱まり口内環境の悪化に繋がってしまいます。

●つわりによるお手入れ不足や嘔吐●
妊娠中はつわりによって、お口のお手入れがきちんとできないこともあると思います。
このような状態は菌が増えやすい環境になってしまいます。
つわりで嘔吐すると胃酸が逆流し、口内が酸性になってしまい口の環境としてはよくない状態です。
つわりがひどい時は歯ブラシを入れるだけで気持ち悪くなることも。
また、大きな口を開けたとき粘膜に歯ブラシが当たったり、歯ぐきに歯ブラシが当たるとオエッとしてしまう場合もあると思います。
そういった時は歯磨きのやり方を工夫してみましょう!いくつかご紹介します!

①歯ブラシを変えてみる
ヘッドの部分が薄くて小さい歯ブラシをおすすめします。
「スリムヘッド」「超コンパクト」などとパッケージに書いてある歯ブラシを使ってみてください。
このような歯ブラシは口の中に入れやすいのでオエッとなりにくく、磨き残しをしやすい奥歯も無理なく磨けるので妊婦さんには特におすすめです。
歯を磨くとき、下を向き前かがみで磨いてみたり、歯ブラシを下に当たらないように避けると嘔吐感をあまり感じることなく磨けるかもしれません。

②歯磨き粉を変える
歯磨き粉は様々な味や香りのものがあります。
味や香りが合わないようであれば自分の使いやすいものに変えてみましょう。

③最低1日1回、夜寝る前に歯磨きを
つわりで気持ち悪くても夜寝る前には頑張って歯磨きをしましょう。
就寝中は体温が上がり、お口の中には適度な湿度があり、唾液の分泌量が減ってしまうため磨き残しがあるとむし歯菌などの細菌が活発に行動してしまいます。

赤ちゃんが生まれて忙しくなる前に、お母さんのお口の中をしっかりメンテナンスしておくことは、生まれてくる赤ちゃんにとっても大切です。
しっかりと歯科検診を受けてお口の環境を整えておきましょう(≧▽≦)

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』

〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階

【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分

#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付:  

ナイトガードのおすすめ

こんにちは!下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』です。

むし歯はないと歯医者で言われたのに歯が痛かったり、朝起きた時に顎の疲れを感じたことはありませんか?
もしかしたらその症状、就寝中の歯ぎしりや食いしばりが原因かもしれません。
他にもこんな症状が現れることも…

●歯がしみる(知覚過敏)
●歯が痛い
●噛むときに痛みがある
●口が開けにくい
●歯の根元が削れてくる
●歯が短くなる
●歯ぐきが下がる
●詰め物がよくとれる
●歯が割れる
●歯がすり減ってくる
●歯周病の悪化に繋がる
●首や肩がこる
●偏頭痛

こういった症状を予防するために寝るとき専用のマウスピースがあることをご存知ですか?
就寝中の歯ぎしりや食いしばりは無意識に行っているため、自分で気づいてやめることは難しいです😢
起きてるときと比較すると約6倍の負担が歯にかかっているといわれています。
マウスピースを使うことで力が分散されるため歯がすり減るのを防止できたり、顎の筋肉疲労が減るため痛みや疲れといった症状が改善される可能性があります。
また、詰め物やかぶせ物を長持ちさせられる可能性もありますヽ(^。^)ノ

~なぜ歯ぎしりがおこる??~

①ストレス
大多数の方はストレスが原因で起こることが多いです。
落ち込んでいる気持ちや不安な気持ちを解消するために睡眠中に歯ぎしりをしてしまうことがあります。

②お酒やタバコの影響
飲酒と喫煙による因果関係は明らかになってはいませんが、ニコチンやアルコールのとりすぎは歯ぎしりに悪影響を与える可能性があります。

③子どもの成長期
乳歯と永久歯が入れ替わる時期に、不快感などが原因で起こることがあります。

④食いしばりが習慣化している
スポーツをしている方や力仕事をしている方は瞬間的に食いしばることがあるため習慣化しやすいです。

◆朝起きた時に口が開きにくい
◆口を大きく開けるのが難しい
◆朝起きた時、顎に痛みがある
◆顎を動かすとカクカクと音が鳴る
◆食いしばる癖がある
◆詰め物が取れやすい
◆歯がすり減ってきている気がする
◆頬の内側に噛んでいる跡がある
◆寝ているときに歯ぎしりをしていると指摘されたことがある

こういった症状がある方はナイトガードを作成して使ってみてもいいかもしれません。
当院でもナイトガードの作成を行っております(*^▽^*)
気になる症状のある方はお気軽にご相談ください。

 

下北沢の歯医者『下北沢みなと歯科』

〒155-0033東京都世田谷区代田6丁目5-26 1階

【交通アクセス】小田急線「下北沢駅」より徒歩2分京王井の頭線「下北沢駅(西口)」より徒歩2分

#下北沢 #歯医者 #歯科 #下北沢西口 #下北沢駅 #下北沢駅西口

 

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付: