下北沢で歯医者をお探しなら、
下北沢みなと歯科へ

 

シーラントでむし歯予防

こんにちは!衛生士の太田です!

 

みなさんは“シーラント“を知っていますか?

お子さんがいる方は聞いたことがある方もいるかと思います。

今回は“シーラント“についてのお話です。

 

【シーラントとは?】

“シーラント“とは、子供のむし歯予防の一つ!

奥歯の噛む面には深く細い溝がたくさんあり、歯ブラシが届きにくい為、磨き残しをしやすく、むし歯になりやすくなってしまいます。

そのむし歯になりやすい溝をあらかじめ、レジンなどのプラスチック樹脂で埋めてしまうのが“シーラント“です。

“シーラント“にはフッ素が含まれているので、歯を強くする働きも期待できるのです。

 

 

【シーラントはいつ行えばいいの?】

患者さまのお口の環境によって“シーラント“の必要性は異なってきますが、“シーラント“を行う時期には、乳歯から永久歯の生え変わりのタイミングも関係してきます。

・乳歯の奥歯が生えてくる時期

→3〜4歳頃

 

・永久歯の奥歯(6歳臼歯)が生えてくる時期

→5〜6歳頃

 

・永久歯の奥歯(12歳臼歯)が生えてくる時期

→12歳頃

 

以上が“シーラント“を行う年齢の目安になります(^^)

生え変わったばかりの永久歯は

・歯質が弱い

・奥歯の溝が、深くて細かい複雑なかたちをしている

・成長途中で背丈が低い

など、成人の歯と比べ、歯ブラシが届きにくく、汚れを落としにくいため、むし歯になりやすくなっています。

 

【シーラントのメリット・デメリット】

ここまで“シーラント“についてお話してきましたが、“シーラント“によるメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

《メリット》

・歯を削ることなく行える

むし歯が悪化してしまうと、歯を削る治療になってしまうことが多いです。

・汚れのたまりやすい溝の部分へ細菌が侵入するのを防ぎ、歯磨きがしやすくなる為、むし歯予防に繋がります。

・保険が適用される

 

《デメリット》

・定期的な検診が必要

“シーラント“した部分の歯の表面は見えにくく、むし歯になってしまうと発見が遅くなってしまうこともあります。

・取れてしまうことがある

“シーラント“は永久的なものではありません。歯を削って詰め物をするわけではないので、むし歯治療後の詰め物よりも、取れやすい場合があります。

“シーラント“はむし歯予防のために行うものですが、「シーラントをしたからもうむし歯にならない」というのは間違いです。

普段からしっかり歯磨きをして清潔にしておかないとむし歯になってしまいます。

歯は一生物ですから、自分の歯をしっかり守っていきましょう٩(^‿^)۶

 

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付: