下北沢で歯医者をお探しなら、
下北沢みなと歯科へ

 

TCHってなに?

こんにちは!衛生士の太田です!

最近はとても暑い日が続いていて溶けてしまいそうです……

みなさんも体調には気をつけてくださいね(ノД`)

 

ところでみなさん、“TCH“という言葉を耳にしたことはありますか?

 

“TCH“とは”Tooth Contacting Habit”(歯列接触癖)の略で、上下の歯を”持続的に” 接触させる癖のことです。

 

みなさんは、1日のうちで歯が接触している時間はどのぐらいだと思いますか?

ボーッとしている時、集中している時、スマホをいじっている時、上下の歯は接触していますか?

 

実は…1日のうちで歯が接触している時間はたったの20分程度と言われているんです!

そしてそれは主に食事や会話をしている時です。

 

一般的に、リラックスした状態の安静時には、上下の歯は触れ合わず2ミリ程度離れているのが正常です。(安静空隙)

しかしながら、TCHがある方は上下の歯を気付かず長時間にわたり接触させてしまっているんです。

 

【TCHの原因とは?】

“TCH“は、スマホやパソコンを長時間使用していたり、俯いた状態での操作、また、過度の緊張やストレスにさらされた際に起こりやすいと考えられています。

 

【TCHによる問題点】

上下の歯を持続的に接触する習慣がついてしまうと、

 

・歯に負担がかかり、歯が割れたり欠けたりする
・お口の筋肉が緊張状態になり疲労してしまう

・知覚過敏が悪化する

・頭痛や肩こりが悪化する

・顎関節症になってしまい口が開きづらい、カクカクする、顎の痛みや違和感が出る

 

などの様々な問題点を引き起こしてしまう可能性があります。

 

【対策方法】

“TCH“は癖として無意識にやってしまう事なので、自分で自覚することは難しいかと思いますが、まずはそのような習癖があることを自覚することが大切です。

その上で、“TCH“を解消するように意識することが必要なのです。

上下の歯が接触していると感じたら「歯を離す」「力を抜く」ことを意識しましょう!

また、パソコンやテレビの隅に「歯を離す」と書いた付箋などを貼っておき、それを見たら上下の歯を離すというのも効果的かと思います(^^)

 

今まで気付いてなかったけれど、意識してみると意外と歯が接触してしまっている!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

上でお話ししたように、“TCH“は様々な問題を引き起こしますので、是非、日常的に意識、付箋作戦で改善していきましょう!

下北沢の歯医者|下北沢みなと歯科

日付: